自動車保険のひとつとして代理店タイプのカー保険があることを知らない方もいるでしょう。代理店方式の保険とは申し込み用の店を訪れてマイカー保険契約を結ぶマイカー保険のことです。では、代理店型クルマ保険に関してどういう種類の魅力とリスクが見られるかを解説します。代理店方式の自動車保険の最大のメリットは、担当者に質問可能という点です。クルマ保険を判断しようとしたところで保険用語が意味不明だったり、どのタイプの補償が適切であるか理解できないことばかりです。のみならず、専門の知識を得てからカー保険を判断しようと思っても、ハードな勉強が不可欠になってしまいます。余力がある加入者の場合は良いと考えられますが仕事をしながら車保険の専門用語を頭に入れるということは相当にハードと思われますしすごく煩わしいことでしょう。他方代理店申込みのクルマ保険では、車保険に関しての専門性に自信が無くても担当者が一緒に考えてくれるため、相談者が保険知識を学ぶ必要が存在しません。そして広範な会話が可能ですからきちんと本人にふさわしいマイカー保険に決められる確率が高いです。逆に代理店申込みの車保険のデメリットは特定のカー保険の中からしか自動車用保険を選ぶことができないことと料金の高額さが要注意です。基本的に代理店サイドは店が関与している品々をおすすめしてくる傾向があるので制限された自動車用保険企業のうちから自動車用保険を判断しないといけません。だからこそ品揃えがシステム的に限定されるというデメリットに注意しましょう。プラス、代理店を利用していることもあって、コストが増加するという弱点も要注意です。