事故発生した状況で、自身が自動車の事故の被害者であったとしても、相手が責任を一切受け入れない場面は多くあります。例をあげれば、しようとして起こしてしまったのと違い注意不足で乗用車をぶつけた場合などにこういった争いに発展する場面がないとは言えません。例えそうであっても、事故現場で車のみの「物損」処理されて時間が経過して体の変調が出た時に、行った病院の証拠書類を出すということは対処が遅くなる感は否めません。そうであるなら事故の過失割合の確定にはどんな認定基準が存在するのでしょうか?きちんと申し上げますと警察署が判断するのは車での事故の大きな過失が認識されるのはどちらの車かという事柄であり、過失の割合がどうなのかではありません。また、決められた事故の責任者がはっきりする事はという事はないです。ですので、過失の割合は両者の協議の結果に応じて明確にされ、それが事故の賠償の算定基準になります。関係者全員が任意で加入できる保険に加入をしていなかった場合にはお互いが直接交渉するしかありません。けれども、当たり前ですがこういう方法では、冷静さを失った応報になる場面が多いです。さらに、お互いの言い分に隔たりがあれば下手をすると、裁判での争いに進みますが、貴重な時間とお金のかなりの損害です。そこで普通はお互いのドライバーについている自動車の保険屋さん、そのように互いの会社に相談を委ねる策を活用して、適当な過失割合を冷静に確定させるのです。そういった際には自動車保険の会社は過去の事故の裁判が行われ、出た判断から出された基準、判断例などを基に、推計と相談を行ってどちらに何割過失があるのかを導き出します。と言っても、車の事故の例では遭遇したのか起こしたのかの状況を問わず、最初に警察に連絡するのが大切です。その上で保険の会社に連絡してその後の対応を委ねるのが順序となります。この仕組みさえ把握しておけば、無意味なやり取りとなるケースを回避できるに違いないのです。