交通事故は、己だけの自損事故と他人が関わった車の事故がございます。自身だけの事故のケースでは自分だけで事故の対応をするだけで終了となりますが他の人を含めた自動車での事故は互いにどれだけの誤りがあったのかを確かめてそれにより自動車の修理のお金や示談金がいくらになるのかなどが決められるので車の保険会社の担当の人にも参加してもらい相談が必要です。大概の車での事故で自分だけでなく相手にも少しは手落ちがある時が多数でどちらか一方のミスを言及するケースはほとんどありません。無論信号が赤でも進んでしまったり一旦停止無視のような違反があって起こった事故ならかなりの責任になりますが被害者側にも責任があると判断されます。車での事故の場面ではどの車の責任で発生したのかということがすごくポイントになりますので、この結果を数値で表現したものが《過失割合》になります。一例として、先ほど記述した赤信号無視や一時停止を無視した状況であれば道路交通法であれば相手側が100%間違いがあると思いがちですが、その状況で事故を起こした車が対面から来て正面を見て確かめられた時だとすると被害者でも注意が足りないとされ1割りぐらいのミスが指摘される可能性は0ではありません。この場合は事故を起こした方が9割、事故に巻き込まれた自分が1割過失となってしまい過失が大きな側に過失が問われる状況になります。また車の事故の割合車の事故の判例をものさしとして決定する状況が多数あり、日弁連の交通事故相談センターから公にされている基準表等が目安として用いられています。このような過失の割り当てが大きければ間違い、結果的に損害賠償額も大きくなりますから事故後の話し合いは当事者だけでなく保険屋さんの担当者に加わってもらってちゃんと話すことが大事です。