乗用車の『全損』とはその名が示すように愛車のすべてが破損してしまう状態ですなわち走ることが出来ないという状況の乗り物としての働きを満たさなくなった際に判断されますが、自動車の保険で決められている《全損》は少し異なる意味合いが含まれていたりします。自動車保険においては乗用車が損傷を受けた場合に《全損と分損》という2つに仕分けされ【分損】は修復の費用が補償内でおさまる場合を言い〈全損〉とは修理費が補償額より高くなる状況を表します。一般的には、車の修復で全損と言われると車の心臓となるエンジンに決定的な損傷があったり車の骨格が変形して直すのが難しい時リユースか廃棄となるのが当たり前です。だけれども、交通事故の後にディーラーや自動車の保険会社がこの修復の費用を見積もりした場合に例え表面がちゃんとしていて直すことが可能な状態でも修復のお金が保険よりも高くてはなんで自動車の任意保険にお金を支払っているのか分からなくなるでしょう。そのようなときには『全損』と決めてマイカーの所有権を自動車保険の会社へ引き渡して補償金額を負担してもらう事になっています。もちろんの事ですがかなりの期間運転したマイカーで執着があり自分でお金を出して直して乗りたいと希望する人間は多くいますから状況に応じて自動車の保険屋さんと話し合うといいと思います。乗用車の保険ではこのような場面が考慮されて車両全損時諸費用補償特約など《全損》のために特約ついているケースがあり、万一自動車が《全損》なった際でも購入等費用を一定分負担してくれる場合も実在します。なおかつ盗まれた際の保険金の特約をつけている場合、盗まれてしまった自動車がどこかへいってしまった際でも《全損》の扱いで、補償金が払われるサービスになっているようです。