自動車での事故に巻き込まれた状況で、自動車の事故の被害者であったとしても事故を起こした相手が非を少しも受諾しない状況は多数聞くことがあります。例えば、意識的に起こしたかったのではなく注意散漫で相手の車を追突された場面などに言い合いにうつってしまう場面があります。かといって、その場で自動車のみの損害され時間が経って後遺症が現われてから、かかった病院の証拠書類を警察署に出すのでは後手に回る感は仕方がなくなってしまいます。それなら、自動車での事故の過失割合の結論にはどういう風な目処が決まっているのでしょうか?正しく言うと警察が結論付けるのは主に自動車での事故の大きな落ち度があるのは関係したドライバーのどちらかという事柄であって過失の割合というわけではありません。まして、最終的に決められた事故の過失があった人が警察からはっきりする事は事態は有り得ないです。過失割合は本人たちの相談の結果により決定されたその結果が賠償額の算定の根拠です。この時、双方共に任意の保険に未加入の場合は、双方がダイレクトに協議しなければなりません。されど、当然こういう調整では、感情的な問答になる時が存在します。これに加えて、お互いの意見に隔たりがあれば最悪の場合、裁判にまで入りますが、これは長い年月とお金のとても大きな損失は避ける事が出来ません。これによりほとんど、それぞれのドライバーについている自動車の保険屋さん、この双方の自動車の保険屋さんに話し合いを委ねる措置を用い、過失の割合を丁寧に決めさせるのです。このような際、自動車保険会社はそれまでに起こった自動車事故の裁判によって導きだされた判定から決められた基準、判例タイムズを参考に推測と協議を行ってどちらに何割過失があるのかを算出します。と言っても、自動車事故では、巻き込まれてしまったのか巻き込んでしまったのかの状況を問わず、まず最初に110番通報するのが大切です。その後、自動車の保険会社に電話をしてこの先の交渉を頼むのが順序になります。状況に応じた順番さえ知っておけば、両方の無益な話し合いとなる状況を回避できます。