予測せず思いがけず遭遇するのが自動車の事故です。そこでどんな風に処理した内容で保険金の支払額も相当変わる場合も想定されますので落ち着いた決断と行動が必要です。予想外の場面でパニックになってしまうのならば大事な事を見逃してしまい、あなたがかなりの損を受ける時もありますので車の事故を起こしてしまったケースは落ち着いて次に記述した判断を行います。事故に遭遇した時にまずしなければいけないのが怪我人の状況の確認です。乗用車の事故の後は気が動転するあまりショック状態になってしまうケースがありなかなか行動を起こせないのが普通です。だから、負傷した人がいた場合は安全が確認された地点へ運んで処置をして周りの人に助けを求めるなどして負傷者第一に努めることが大切です。救急車に連絡する状況では明確な現場を伝え良く分からない場面では周囲の目立つ建物や番地名を知らせて事故が起こった場所が分かるようにします。2番目に110番に電話して、交通事故が発生したこと、そして簡単に状況を話します。救急車と警察を待っている時間に事故の相手のことを調べます。名前、住んでいるところ、TEL番ナンバープレート、事故の相手の方の自動車保険会社名と言った自分だけでなく相手の情報をやり取りします。特に事故相手に過失があった場合には、事故現場で解決しようとすることがよくありますが事故現場で片付けるのではなく、どんな風な場合にかかわらず警察署や車の保険会社報告してきちんと判断してもらうようにしましょう。互いの身元を教えたら他者の障害にならないために妨げとなる物道路の上から取り除きます。もし障害物が通りかかった人の交通の障害になっている状況なら相手と自分の情報を交換するより優先してこの作業を行ってしまっても大丈夫です。次にあなたがお金を払っている保険会社に電話をして、自動車の事故があった事を電話します。車の事故から特定期間の内に保険屋さんに報告していないと交通事故の保険の適用されない場合もありますのでできるだけ時をおかずに行動することが必要不可欠です。可能ならば事故の形跡としてデジタルカメラや携帯などを使って事故や事故車の破損状態の写真を撮ります。その写真は過失がどのくらいあるのか決定するとても大きな役割とできるのであなたの乗用車や相手方の自動車の破損を全部証拠写真として残しておくことが重要です。この時に目撃した人がいればおまわりさんや保険屋さん到着するまで現場に待ってもらえるようにお願いするのも必要不可欠です。