自動車の事故は、あなただけの自損事故と他者を巻き込む交通事故があります。自身だけの事故の場面ではあなただけで対応をするだけで終了となりますが第三者を含めた交通事故はそれぞれにどれくらい誤りがあったのかを調査して、その結果によって修理費や示談のお金等が決まりますので、自動車の保険屋さんの専門家を交えながらの交渉が必要となります。多くの自動車の事故のケースでお互いに多少なりとも手落ちがあるケースが大部分でどちらかだけのミスだというケースは多くありません。もちろん赤信号で進んでしまった、一時停止で止まらなかったなどによって起きた事故はかなり重大な責任がありますが被害を受けた側にも不注意があったと言われます。自動車事故の状況では誰の過失で発生したのかという結論がすごく重要なポイントにされますのでこれを数字で表したものが過失割合なのです。一例として、赤信号で進んでしまった、一時停止しなかった事情では、交通法では事故を起こした人に全ての落ち度があると考えられますが、もし事故を起こした自動車が前の方からこちらに向かってきていて目で見て確認できた状態だと被害者でも注意が足りないと判断され1割りぐらいのミスが認められる可能性もあります。つまりその条件では事故を起こした側が9割、自分1割の割合と判断され責任が大きな側に大きな過失が問われる事になるのです。そして車の事故の割合それまでの自動車事故の判例を基準に結論付けられる時が大半で、日弁連交通事故相談センターから発表されている表などがベースとして使われます。このような過失の数値が大きければ大きいほど手違い、言い換えると賠償金も大きくなりますので事故後の話し合いは当事者だけでなく保険の担当の人に加わってもらって落ち着いてやり取りすることが必要不可欠です。